その他さまざまなご質問の解説

ホーム>その他さまざまなご質問

その他さまざまなご質問

その他さまざまなご質問



















  • 現在矯正とインプラントの平行治療をしています。一つの病院で矯正医と外科医との二名にみてもらっています。右上奥歯二本がもともと先天的に生えてなく、腸骨移植をしそこに二本インプラントを打ちました。今、二次オペが終わった段階です。もともと歯列矯正が目的で歯医者に行き、その治療計画の一環でインプラントが必要という事で決めました。当初の計画ですと、矯正の途中で奥にインプラントを打ってそこに矯正の器具を引っかけて治して行くという事だったのですが、先日二次オペを行った時、奥の歯をひっかけないで済みそうだから、一番奥のインプラントはこのまま埋めておいて、一本だけ作りましょう。といわれました。どうやら、位置が思ったより奥に打ち過ぎたらしく、噛み合わせの問題で二本は打てなくなってしまったようでした。私としてはなんとなく納得できずに帰ってきました。料金は先に支払い済みです。結果的に二本も打たなくて良かったという訳です。病院側の矯正医と外科医の連絡ミスではないかと思うのですが、こう言う失敗の場合、料金というのは請求できるのでしょうか。金額が金額なだけに、今後まったく機能する事のないものに対してこのままでは納得できません。こういうことはよくあるのでしょうか?
      • 質問内容から判断することは難しいですが、例えば矯正治療を行っていく前処置としてどこかの歯を抜歯しているのか?そのインプラントを埋入した部位の相対する歯の状態はどうなのか?等により治療の計画が異なってくると考えます。もしよろしければお教え頂けると幸いです。
        インプラントの奥に埋入したものにつきましては上部構造を装着しないということですから、その分の返金はあるかと思います。
        十分なカウンセリングのうえ治療を進めていくことをおすすめします。













  • 娘(14歳)のことでご相談します。3年前に左上の前歯(永久歯)が少しゆれるので歯医者にいったところ、犬歯の永久歯が根元に来ていて前歯の根を溶かしていると言われました。何ヶ所か歯医者に相談した結果、使えるところまで使って、抜けたら矯正して犬歯を前歯として使い、大人になったら前歯の形にかぶせる。と言う方法をとる予定になりました。今左上の歯は1番3番2番と並んでいます(乱杭状態です)1,2年の内に前歯は抜けると思うのですが、最近インプラントのことを知り、娘の場合も可能であれば歯の本数が減らないな・・・と思い、ご相談しています。どういう方法がベストでしょうか、回答宜しくお願いします。
      • まず、インプラント治療が出来る年齢は女の子の場合は二十歳を過ぎてからがいいと思います。ただし、お子様の場合には近い将来歯が抜けそうだということですので、かかりつけの先生がインプラント治療をもしなさっていればご相談してみてはいかがでしょうか。
        できましたら矯正とインプラントを行っている歯科医院を選択されてみてはいかがでしょうか。







  • 先日歯医者にいきました。前歯のレントゲンをとったところ、前歯二本のうち一本は神経がなくもう一本の歯の根元が黒くうつってて、うみがたまってるからとらなきゃいけない、そのために神経もぬくといわれました。こういう場合神経をぬかなきゃいけないのでしょうか?また前歯二本が少しでているので矯正をしたかったのですが、そのこうを伝えると、前歯二本を根元までけずっていわゆる差し歯にするといいといわれました。差し歯をしたことがないので、なんとなく抵抗があります。というのも勝手なイメージで差し歯はそのうちとれたり、なんか不具合があるイメージがあるからです。ちがってるかもしれませんが、やはり、一本は神経なしで、もう一本も治療しないといけない場合おもいきって、二本を差し歯にするべきなのでしょうか?選択に悩んでいます。アドバイスお願いします。
      • 膿がたまっているということはその歯は神経が死んでいる可能性が非常に高い為、根の掃除(根管治療)が必要となります。
        審美的な要素から考えますと、前歯2本(1本は神経が残っている歯、もう1本は神経をとっている歯)を削って差し歯にすると見た目には満足行く形となると思いますが、上の前歯に相対する下の前歯の状態等を注意して計画を立てていかないと、おっしゃる様に不具合を生ずる可能性もあります。
        そのあたりをかかりつけの先生にご相談されてみてはいかがでしょうか?

















  • 上顎の骨が薄くてインプラントが出来ないと言われ、骨移植は高額でしかも入院が必要でサラリーマンには向かないと歯科医から言われています。現在、部分義歯で半分をかぶせてあります。ブリッジ一本でとめていますが中が二本折れていて、いつとれてもおかしくない状態です。取れ次第、全部入れ歯にしなければならないといわれています。又、上顎が逆歯で入れ歯をくっつける面積が少ないのでとれやすいものになるといわれています。何か対処方を教えて下さい。
      • 拝見してみないと適切なアドバイスはできませんが、
        今のインプラント治療のテクニックの向上を考えますと、
        骨の移植手術での入院治療はごく稀と思います。
        かみ合わせの関係上、総入れ歯は難しいと思いますが、
        インプラントが2本でもいれることができれば、だいぶん安定は 見込めると思います。





  • 前歯の5本をインプラントにするのですが、全部で190万程度だと言われました。この治療費は妥当なのでしょうか?
      • 前歯を5本インプラント治療予定とのことですが、失っている歯が5本あって、その5本をインプラントにて機能回復予定ということでしょうか?
        インプラント1本あたりの費用はおおよそ30~45万円ぐらいと思います。
        ただし、5歯ないからといって5本のインプラントが必要と言うわけではありません。(拝見していないので適切なアドバイスではないかもしれませんが。)
        190万円という費用はおおかた妥当といえると思いますが、そのあたりに不安を感じていらっしゃるようなら、セカンドオピニオンとして、主治医以外の意見も聞いてみては、いかがでしょうか?




  • 数年前に上顎奥歯にブリッジをしました。支えにする歯が治療中に化膿し、半年近く根の治療を受けました。上顎の近くに痛みが続いていたのですが、レントゲンでは病巣がなくなったと判断され治療が完了しました。その1ヵ月後、痛みを感じていた辺りが腫れ、歯茎が破れて膿が出るようになりました。2年後、顔が腫れ上がり抜歯をしました。それから2年近く経ち、現在その部分のインプラントを勧められています。しかし、上顎辺りに腫れが残っている感じがあります。耳鼻科では歯から来る蓄膿と診断され、レントゲンには頭蓋骨半分が濃で真っ白に写りました。耳鼻科の薬で濃はなくなり、それと共に上顎の腫れも引きました。しかし、薬を止めると元の状態に戻ってしまいます。歯の原因を取り除かない限り耳鼻科では完全に治すことは出来ないとのことでした。その旨を歯科医に伝えましたが、レントゲンでは歯茎に何も写らないとのことでどうにもなりません。私としては、インプラントをしたいと思っているのですが、もし耳鼻科の先生の言うとおりに歯茎に病巣が残っているとしたら、そこにインプラントをして大丈夫でしょうか?歯を抜いたときのように、インプラントの部分が化膿するのではないかと心配でなりません。
      • 内容から考えますと、歯性上顎洞炎ということでしょう。
        この場合は、原因をしっかり究明し、それを完治させないかぎりはインプラント治療は尚早と考えます。
        今のご様子ですと、耳鼻科、歯科両方の先生も原因はわかっていないような状況と思われますので、大学病院などの総合病院を受診して
        まずは、歯性上顎洞炎(逆に鼻からくる鼻性上顎洞炎もありますが)
        の治療をおこなってから、インプラントをお考えになってはいかがでしょうか?



  • 今年の7月10日に、上奥から2番目の歯にインプラントの歯根であるチタンを埋め込みました。手術後のレントゲンで、其のチタンの歯根が両側の自分の歯根に平行に成っていませんで、斜めに埋まっていました。歯科の知識は有りませんが、物理的に考えると上下に掛かる力と同じ方向にチタンの歯根が埋め込まれているのが一番、咀嚼する力に対して安定している事だと思います。斜めに埋め込まれた歯根の上に、無理やりトップを付けても「く」の字に曲げて歯根とトップを繋げる事になり、硬いものを噛んだ時に、簡単に折れる事に成ると思います。まだ、チタンの歯根が骨に付かないうちに、 斜めに埋め込まれた歯根を、両側の歯根と平行に埋めなおして貰う方が、良いのではないかと思うのですが、専門家として、どのようにお考えに成りますか?今、チタンの歯根の周りに骨に成る粉で歯根を固定すべく養成している状態なのだそうですが、平行にやり直した方が良ければやり直したいと思っています。当の医師に相談しても良いのですが、やり直す気持ちが有るのでしたら、言ってる筈ですので、斜めに埋めても問題が無いと考えているようです。
      • 高原さんがおっしゃるように、かみ合わせに対して圧を均等に
        うけるように残存歯とは平行にインプラントを埋入すべきと私も考えます。
        ただ、実際に高原さんのお口を拝見しているわけではございませんので適切なことはいえませんが、インプラントを埋入するうえで歯槽骨の状態が大きく関係してきます。
        ご自身の歯槽骨の状況によれば、やむを得ず斜めにインプラントを 埋入することもあるとは思いますが、その辺を主治医にお聞きしてみてはいかがでしょうか?










最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional